おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字8文字以内)
画像認証 (右画像の数字入力) 投稿キー
文字色
ニアミス

ニアミス 1

 散歩中に小型猛禽類が滑空していたので証拠写真にと思って撮影した。

 帰宅後パソコンで画像を確認したら小鳥とのニアミスが写っていた。

 小型猛禽は、ハイタカでしょうか? (関東で冬期に撮影) 小鳥はカワラヒワ? 


  小鳥のつぶやきが聞こえてきそう 「これは、やばいぞ やばい」

鳥とカメラ好き 2019/01/24(Thu) 10:56 No.3136 [返信]
Re: ニアミス
  ニアミス 2

 撮影中のファインダー画面では、小鳥は目視できていなかった。(電子ビューファインダーの解像度が低い関係で)


   小鳥のつぶやき 「急いで全力で逃げよう」

鳥とカメラ好き 2019/01/24(Thu) 10:58 No.3137
Re: ニアミス
  ニアミス 3

 猛禽は襲いかかることもなく、そのままの体勢で滑空して離れていった。


   小鳥のつぶやき  「あー 助かった」
 

    偶然に撮影できたシーンでした。

鳥とカメラ好き 2019/01/24(Thu) 10:59 No.3138
大塩湖のベニマシコ

毎冬来てはいますが小生が数えてみるに、今冬の大塩湖のベニマシコはオス3羽メス2羽若オス1羽の合計6羽に思えます。このベニマシコのオスは赤色の濃い綺麗な個体ですね。

岡野弘行 2019/01/22(Tue) 22:01 No.3135 [返信]
多々良沼の大型カモメ

No.3064で加藤さんが投稿されている大型カモメですが、足が黄色いように見えます。セグロカモメではないかもしれません。足の黄色い大型カモメは群馬県ではまだ正式記録になっていないようです。大型カモメを観察・撮影されたら、ぜひ掲示板へアップしてください。

識別には、地面に降りている順光の横姿だけでなく、翼を広げた状態で先端周辺の上面・下面が重要です。宜しくお願いします。

ヨタカ 2019/01/19(Sat) 10:54 No.3098 [返信]
Re: 多々良沼の大型カモメ
ヨタカ様
加藤さんが投稿されている大型カモメと同じ個体です。
私も撮っていた時は、ずいぶん足が黄色いと思っていました。
でもただのセグロカモメではと・・・
翼先端の上面と下面が写っている画像がありますので投稿します。
なお撮影日は、2018/11/17です。

会員A 2019/01/19(Sat) 17:42 No.3099
Re: 多々良沼の大型カモメ
2枚同時に投稿できないのですね。
もう1枚です。

会員A 2019/01/19(Sat) 17:43 No.3100
Re: 多々良沼の大型カモメ
追伸
「加藤さんが投稿されている大型カモメと同じ個体です」
と書いたのは、以前加藤さんが投稿された時期に撮ったものです。
もしかしたら今回の個体とは違うかもしれません。
会員A 2019/01/19(Sat) 17:56 No.3101
Re: 多々良沼の大型カモメ
会員Aさま

 早速のご投稿ありがとうございます。翼先端の白色斑や換羽の状況など、識別のカギになる部分がばっちり写っています。この個体が水面か地面に降りているカットはありませんか。書き忘れましたが、背中や頭部の色、下嘴の赤色斑も重要でした。

 お願いばかりで申し訳ありませんが、すでに投稿されているカットについても、もう少し解像度の高いものに貼りなおしていただけないでしょうか。詳しい方に同定を依頼したいのですが、画像が少々小さいので。

 詳しくは同定依頼を出して、その依頼先からの返事を待たねばなりませんし、大型カモメは分類が複雑で難しいのですが、現状での私の見立ては、おそらく種ニシセグロカモメ fuscus の亜種ニシセグロカモメ heuglini の中の taimyrensis という個体群だと思います。IOC(国際オリンピック委員会ではありません(笑))は、この個体群は、セグロカモメ vegae とニシセグロカモメ heuglini の雑種個体群であるとして、独立した亜種とは認めていないようですし、日本鳥学会もそれに準じているようです。しかし heuglini を独立種とし、taimyrensis をその亜種とする説もあり、複雑です。いずれにしろ、足の黄色い大型カモメはセグロカモメではないようで、県内記録が1種(亜種・個体群?)増えることになりそうです。
ヨタカ 2019/01/19(Sat) 23:21 No.3103
Re: 多々良沼の大型カモメ
ヨタカ様
元の画像を3枚掲示板に貼ると重くなるので、
後日事務局にメールで送ります
会員A 2019/01/20(Sun) 20:34 No.3110
Re: 多々良沼の大型カモメ
会員Aさま

 ありがとうございます。宜しくお願いします。
ヨタカ 2019/01/20(Sun) 20:51 No.3111
Re: 多々良沼の大型カモメ
ヨタカ様参考に下記三枚送付します。
昨年より見かけますので、たぶん同一個体と思いますが。
1月上旬には珍しく7羽程の飛来ありましたが、直ぐ飛び立ち以後現れません。

加藤治男 2019/01/21(Mon) 15:22 No.3113
Re: 多々良沼の大型カモメ
曜日は違いますが!

加藤治男 2019/01/21(Mon) 15:24 No.3114
Re: 多々良沼の大型カモメ
かなりの確率で、いつも見られます。最近は白鳥と一緒にいるようです。

加藤治男 2019/01/21(Mon) 15:30 No.3115
Re: 多々良沼の大型カモメ
加藤さま

 画像の追加、ありがとうございます。投稿画像の同定を依頼しています。結果は少々お待ちください。
ヨタカ 2019/01/21(Mon) 21:59 No.3131
Re: 多々良沼の大型カモメ
会員Aさま 加藤さま

 同定結果が届きました。背の色が淡いこと、足が濃い黄色であること、初列風切の先端付近の白色斑がP10だけにあること、初列風切先端の黒色部が外側6枚にあること、下嘴の赤色斑が大きめであること、頭部の褐色斑の形と色がついている範囲、11/17の時点で初列風切の外側に旧羽が残っていること、といった特徴から、taimyrensis と考えられる(その可能性が最も高い)との結論でした。

 3103に書いたように、この個体群はセグロカモメ vegae とニシセグロカモメ heuglini の雑種個体群であるとして、日本鳥類目録第7版では独立した種または亜種とは認められていません(このへんのことについては、下記PDFの12ページめ「ニシセグロカモメ」の項をご覧ください)。 しかし、主に東日本に渡来する足が黄色い大形カモメの多くは taimyrensis の特徴を有しており、このような個体を heuglini の亜種または独立種とする説もあることから、今後の分類研究の進展次第で扱いが変わる可能性もあります。

http://ornithology.jp/katsudo/Publications/checklist7_contents_updated/OSJ_61_2012.pdf


 ということで、群馬県鳥類目録の改訂時には、その辺の事情を記述した上で掲載されることになると思います。やっとスッキリしました。ありがとうございました。
ヨタカ 2019/01/22(Tue) 15:40 No.3133
Re: 多々良沼の大型カモメ
ヨタカ様
大型カモメの同定がきちんとできて良かったですね。
海無し県に住んでいるので、私などはカモメの識別は無理です。
今回のように、きちんと同定できる人(機関)がいる(ある)のは
心強い事だと思います。
いろいろ奔走されたヨタカ様、ご苦労様でした。
会員A 2019/01/22(Tue) 20:12 No.3134
多々良沼冬鳥(1)

1月17日〜20日は晴れの日が続いていますが、強風 無風と観察には苦労します、冬鳥(山野 水辺の鳥)も多くなってきました。
弁財天周り、東観察棟付近ではベニマシコ等も毎日見られるようになりました。餌のあるうちは見られそうです。
カモ類はヒドリガモ増えてきました。50羽程の群れの中にはアメリカヒドリ交じっていますので注意して探して見てください。
本写真では左下にいます。

加藤治男 2019/01/21(Mon) 17:01 No.3116 [返信]
多々良沼冬鳥(1)
無風時には弁財天周りに近づきます。

加藤治男 2019/01/21(Mon) 17:04 No.3117
多々良沼冬鳥(1)
コガモも増えてきました。

加藤治男 2019/01/21(Mon) 17:06 No.3118
多々良沼冬鳥(1)
カンムリカイツブリは沼全体に多数見られますが、珍しく白色(アルビノ)個体います。まだ留まりそうです。

加藤治男 2019/01/21(Mon) 17:09 No.3119
多々良沼冬鳥(1)
ミコアイサは♂ ♀共多数見られます。

加藤治男 2019/01/21(Mon) 17:11 No.3120
多々良沼冬鳥(1)
マガンは白鳥と行動を共にしています。

加藤治男 2019/01/21(Mon) 17:13 No.3121
多々良沼冬鳥(1)
アオジ(2羽)の採餌見られます。東観察棟側に現れます。

加藤治男 2019/01/21(Mon) 17:16 No.3122
多々良沼冬鳥(1)
クイナは定番で毎日現れます。30分程の我慢は必要です。

加藤治男 2019/01/21(Mon) 17:19 No.3123
多々良沼冬鳥(1)
オオジュリン観察は東観察棟付近がベターです。

加藤治男 2019/01/21(Mon) 17:21 No.3124
多々良沼冬鳥(1)
晴天時のオオジュリンきれいです。

加藤治男 2019/01/21(Mon) 17:23 No.3125
多々良沼冬鳥(1)
スズメもオオジュリン同様採餌しています。

加藤治男 2019/01/21(Mon) 17:26 No.3126
多々良沼冬鳥(1)
ベニマシコ♀ 定番です。

加藤治男 2019/01/21(Mon) 17:28 No.3127
多々良沼冬鳥(1)
ベニマシコ♂ 定番です。毎日午前 午後ツガイで現れます。

加藤治男 2019/01/21(Mon) 17:30 No.3128
多々良沼冬鳥(1)
たまには♂ ♀そろいますが、被りが多いようです。

加藤治男 2019/01/21(Mon) 17:34 No.3129
多々良沼冬鳥(1)
ジョウビタキ、ツグミ、モズ、メジロ、ヒヨドリ、シジュカラ、エナガ等も定番になりました。陸上葦原ではキジも見られます。

加藤治男 2019/01/21(Mon) 17:38 No.3130
涸沼へ

初めて、野鳥観察だけを目的としたドライブを敢行しました。場所は茨城県の涸沼。何気なく「野の鳥」を見直していたら、「えっ、凄い種類の野鳥が観察できるんだな。」と一大決心に至りました。
とは言っても、涸沼の「ひ」の字も知らない私ですから、過度の期待はしてませんでした。
野掛公園に着くと、広い!湖面には、カルガモとオオバン。簡単にはいかないと気を取り直して湖畔を散策しました。すると、…
灰色の小さな鳥が盛んに潜っている。カイツブリっぽいな。

中山誠司 2019/01/20(Sun) 19:44 No.3106 [返信]
Re: 涸沼へ
調べるとハジロカイツブリ。目が赤い!とても可愛い!
グランドゴルフ場辺りまで来ると、何とイソシギがいました。ハクセキレイとつかず離れずして盛んに地面を突いていました。

中山誠司 2019/01/20(Sun) 19:51 No.3107
Re: 涸沼へ
イソシギを見たのは初めてでしたが、胸の白い切れ込みが特徴なので何とか分かりました。とても小さな鳥なんですね。

中山誠司 2019/01/20(Sun) 19:54 No.3108
Re: 涸沼へ
ヨットハーバーまで来ると、随分カラフルなものが?双眼鏡で覗くと、オシドリ!
高津戸ダムと違って目と鼻の先にいてくれたので私でも撮影できました。
初めての涸沼でしたが、他にもたくさんの野鳥と出会うことができました。とても幸せでした!

中山誠司 2019/01/20(Sun) 20:02 No.3109
トラツグミ落鳥遺体

本日、藤岡庚申山探鳥会終了後に帰宅したら、下仁田町の自宅玄関前にトラツグミが落ちていました。我が家まで来て力尽きたのか?どこかの誰かさんが置いて行ったのか?分かりませんがご報告しておきます。

岡野弘行 2019/01/12(Sat) 22:14 No.3054 [返信]
Re: トラツグミ落鳥遺体
岡野様

興味深い画像を見せていただきました。
羽にはっきりと青味の部分があるトラツグミは初めてです。
一見したとき、北米固有種?のルリツグミの幼鳥に似てるかなと思ったりしました。
風切先端だけでなく雨覆の内部近くまで青いようなので、擦り切れではないように思えますが…。
こうした個体について、ご教示をお願いできれば勉強になります。
竹内 寛 2019/01/13(Sun) 10:53 No.3055
Re: トラツグミ落鳥遺体
竹内寛様
このトラツグミは、普通のトラツグミだと思います。青っぽいのは撮影時の光の加減かと思います。落鳥時に羽が痛んで少し抜けていた部分の根元が青っぽく写ったものと思われます。別の写真を添付します。このご遺体は既に我が家の近くの県立自然史博物館にお渡しいたしました。

岡野弘行 2019/01/17(Thu) 23:27 No.3091
Re: トラツグミ落鳥遺体
岡野様

光の加減では?とのこと、了解いたしました。
確かに、青い光の中で撮影されているように見えますね。
コメント、ありがとうございます。
お手数をおかけしました。
竹内 寛 2019/01/18(Fri) 19:33 No.3096
大塩湖のルリビタキ

大塩湖のルリビタキ続きです。ウオーキングやジョギングや釣り客及びその車が盛んに通行する場所で随分と人馴れしてきました。そのうちに手に乗るんじゃないかと思ったりします。

岡野弘行 2019/01/17(Thu) 23:40 No.3092 [返信]
Re: 大塩湖のルリビタキ
撮影は1月13日です。
岡野弘行 2019/01/17(Thu) 23:41 No.3093
Re: 大塩湖のルリビタキ
岡野様、突然すみません。
私も大塩湖のルリビタキの、あまりの人慣れに少々不安です。
この写真も、5分以上向き合って、いろんな声がけしたあと撮ったものですが、逃げようとしませんでした。一緒に帰りたいんじゃないかと思いました。(野鳥を愛するものとしてのマナーはしっかり守ったつもりです。)
これは、1月14日の彼です。

lammhota 2019/01/18(Fri) 10:35 No.3094
チョウゲンボウ

市街地でも見かけることが多くなったチョウゲンボウですが、
ドラレコに記録されました。
 
 (この時はチョウゲンボウがいることに気づいていなかった。)

鳥とカメラ好き 2019/01/17(Thu) 13:01 No.3086 [返信]
Re: チョウゲンボウ
飛び立つ直前にチョウゲンボウ(♀)に気がつきました。
 こういった場所にも止まるのですね。
1〜2秒間の出来事でしたので、ドラレコでなければ記録できないでしょう。

 レンズが広角なので、ちょっと遠くにいるように写真では見えますが、
 実際は車の窓のすぐ傍という感じで、最接近時は眼の前という感覚でした。

 獲物でも追いかけていたのでしょうか?

鳥とカメラ好き 2019/01/17(Thu) 13:02 No.3087
高津戸ダムのオシドリ

警戒心が強いためか、木陰や遠くにいることが多いオシドリですが、
今回は少し近くの水面のほか、崖の上を歩く姿が見られました。
珍しく日が当たっていましたが、夕日なので全体に赤味があります。

竹内 寛 2019/01/09(Wed) 12:28 No.3050 [返信]
Re: 高津戸ダムのオシドリ
同じ日に峡谷の崖にいたオシドリです。
ダムの湖面にいなくても、このように斜面を歩きまわっていることもあります。
見つからない時には、岸辺や藪の中、樹の枝の上なども探してみてください。

この時はカメラのWB設定を変えたので、前の写真より見えた色彩に近いです。

竹内 寛 2019/01/09(Wed) 20:21 No.3052
Re: 高津戸ダムのオシドリ
最近も雄と雌合わせて5羽ほどの群れが、ダム湖の奥にいるのをスコープで確認できました。
ただ、しばらくすると姿が見えなくなっています。

こちらの写真は、12月中旬に今季初認した時の記録写真です。
銀杏羽が立っていないので、完全に生殖羽に換羽する直前の個体だったかもしれません。

竹内 寛 2019/01/13(Sun) 22:15 No.3060
何と言う美しさ

オシドリをぜひ鑑賞したいと思い、高津戸ダムに行きました。掲示板を見て、という方を含めて、5〜6人の人がオシドリを探していました。
ダムからはとても遠い所にいました。私のカメラでは限界に近く、あまりいい写真にはなりませんでしたが、とてもカラフルで美しい姿を十分堪能することができました。
本当に感動しました!!本当に綺麗でした!!

中山誠司 2019/01/13(Sun) 19:46 No.3056 [返信]
Re: 何と言う美しさ
本物のオシドリ夫婦です。

中山誠司 2019/01/13(Sun) 19:48 No.3057
Re: 何と言う美しさ
湖畔を歩く可愛いオシドリくんです。最後になりましたが、スコープをのぞかせていただいた方に、心から感謝いたします。

中山誠司 2019/01/13(Sun) 19:51 No.3058
Re: 何と言う美しさ
峡谷の自然に守られたオシドリの美しい姿を、大いに堪能されたようでラッキーでしたね。
私など空振りで帰ることもしばしばです。
かなり遠いことが多いので、ここではスコープがあると、じっくり観察が楽しめるでしょうね。
竹内 寛 2019/01/13(Sun) 23:10 No.3061
Re: 何と言う美しさ
本当に美しい!!

中山誠司 2019/01/14(Mon) 17:35 No.3071
Re: 何と言う美しさ
竹内さま、心から感謝いたします。
この素晴らしい出会いも、竹内さまのお陰です。本当にありがとうございました。

確かに、スコープがあるといいなあと思いました。うちの“大蔵省”との折衝は、オシドリを探す以上の難しさでしょうね(^_^;)。
また、心浮き立つリポートをお待ちしております。
中山誠司 2019/01/14(Mon) 17:46 No.3072
Re: 何と言う美しさ
中山様

ご丁寧なお言葉をいただき恐縮です。
少しでも中山様のお役にたてたのであれば、この掲示板が有効に機能していることの証明になるでしょうね。
掲示板の環境を整備されている管理者様にも感謝しています。

今日も行ってみましたので、失礼ながら撮れたてのオシドリを貼らせてください。

竹内 寛 2019/01/15(Tue) 00:00 No.3076
美しい!!
実は、今日うちの“部下”に私の写真を見せたところ、「ホントにキレイ!!」と感激してくれました。竹内さまのこの素晴らしい写真でしたら、声も出ないほどの大感動だったでしょう。ありがとうございます。本物のオシドリ、本物の野鳥写真です。ありがとうございました。
さすがに高津戸ダムは遠く、なかなか行くことはできませんが、竹内さまのリポートで、ライブ感覚で感動することができ、とても感謝しております。これは、ここに書かれている全ての方にお伝えしたいことですが、この掲示板が、みなさまの書き込みがいかに素晴らしいか、今改めて感じております。
これからも、ご健康に留意されてご活躍ください。本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。
この子は下仁田町西牧地区の鏑川にいたイカルチドリです。2度の出会いです。高津戸の次の日に佐久に出かけたおバカな私ですみません。

中山誠司 2019/01/15(Tue) 16:59 No.3077
処理 記事No 暗証キー

- JoyfulNote -