初認情報へ


2020年群馬県鳥だより

投稿する   過去の鳥だより

群馬県内の情報に限ります。投稿された情報は、「野の鳥」の”鳥だより”に掲載いたしますので、ご了承下さい。一週間たってもHPに反映されない場合はお手数でも下記アドレス までご連絡下さい。 画像・音声がありましたら下記アドレスまでお送り下さい。
                 toridayori@wbsj-gunma.org

確認場所は記録に残すため、できるだけ詳しくお知らせください。HP上には一部のみ掲載します。お寄せいただいた情報はすべて掲載するようにしていますが、同じ場所での鳥種の重複や普通種などについては係の判断とさせていただきますので、ご了承のほどお願いいたします。 野鳥のエピソード等は掲示板をご利用下さい。       


アンダーラインのある鳥名をクリックすると画像が見られます
鳥 種  ♂♀   羽数 目視声 確認日 時間 天候 確認場所 確認者 記事 会員/非会員
  クサシギ
  ムナグロ
1
8
目視 8月6日 9時 伊勢崎市稲荷町 関上 秀雄 玉村周辺田園探鳥で確認できました。 会員
  アマサギ 1 目視 8月4日 13時 板倉町水田地帯 竹内  寛 水田地帯を走行中、ダイサギを中心とするサギ類3~40羽の集団に遭遇。車を止め観察すると、その中に1羽だけ夏羽のアマサギがいたのを確認。ダイサギとアオサギは成鳥と若鳥が混在していたが、アマサギの若鳥は識別できていない。 会員
  アオゲラ ♂1 目視 8月4日 6時 前橋市大友町1丁目 
さくら公園
高田 邦昭 朝、さくら公園を散歩していると、遊歩道脇の立木から鳥が飛び出し、バタンという音とともに児童館の窓(壁?)に激突し、下に落ちました。行って見ると、エアコンの室外機と壁の間のコンクリートの上にうずくまっていて、口をパクパクさせながら目を開けたり閉じたりしていました。家に帰ってからカメラを持って再度現場で撮影したのが写真です。アオゲラだと思いますが、成鳥なのか、幼鳥なのか、よく分かりません。仕事から帰って午後6時頃に再度現場へ行ってみると、跡形も無く消えていました。無事に元気になって飛び去ったか、カラスに食べられたか、今となっては分かりません。 会員
  コサギ 10以上 目視 8月4日 15時 邑楽町石打ライスセンター西 新明堀池間水田 加藤 治男 8月4日、梅雨明けと共に、ダイサギ、アオサギに交じってコサギが初めて観察できました。数は水田全体では非常に多いと思われます。夏羽化もはじまっています。警戒心強く近づくとすぐ飛び去ります。    会員
  イソシギ 1 目視 8月3日 10時 今日はイソシギ 観察できました。逆光ですが、尻を振り振り採餌していました。現在水田 水落とし中ですので、シギ立ち寄り休耕田は減っています。クサシギは今日はまだ留まっていました。  
  クサシギ 1 目視 8月2日 10時 今年のシギ類 二番目はクサシギでした。昨夜飛来と思われます。ときおり水中で採餌、羽つくろいをしています。疲れているようですので、数日留まりそう?。今年は飛来(立ち寄り)早いようです。
  セイタカシギ 3 目視 8月1日 16時 多々良沼 自然ふれあいエリア芝生から沼上空 吉成 由紀夫 いつも観察している「T氏」と2人で しばらく目視 非常に元気よく飛んでました。どこか、着陸場所を捜しているようでした。「T氏」曰く、沼の水が上昇している とのこと。雌雄わかりません。早春 ガバ沼で1羽夕方目視して以来です。  非会員
  アマサギ 4 目視 8月1日 15時 板倉町水田 ダイサギ、コサギの大きな群れと一緒にいました。 非会員
  アオアシシギ 2 アマサギを確認したのち、周囲を観察してみたところ、アオアシシギ2羽、コチドリ3羽とムナグロ11羽の群れをみつけました。
  ムナグロ 11
  アオアシシギ 4 目視 7月30日 10時 小雨 邑楽町石打ライスセンター西 新明堀池間水田 加藤 治男 今年のシギ類の先頭はアオアシシギでした。周辺で鳴き声も聞こえましたので4羽以上のファミリーと思います。例年より一週間は早いようです。 会員
  カオジロガビチョウ 1 目視 7月28日 12時 高崎市江木町 谷畑 藤男 高崎市街地に近い、民家庭で餌を探す。ガビチョウは高崎市街地でも見るが、カオジロガビチョウは珍しい? 会員
  コチドリ 6 目視 7月27日 11時 邑楽町石打ライスセンター西 新明堀池間水田  加藤 治男 雨の中、チドリ、シギの先頭を切って、コチドリ初めて観察できました。確認できた6羽はファミリーらしく盛んに採餌していました。ハクセキレイと行動を共にしていました。 会員
  ダイサギ・アオサギ 多数 目視 7月26日 11時 雨の影響もあり、アオサギ ダイサギがまとまって飛翔を繰り返しています。水田全体では50羽以上が分散していますが、時折行動を共にしています。残念ながら、アマサギが並ぶことはありませんでした。    
  アマサギ 3 目視 7月24日 11時 ようやくアマサギが観察できました。昨年は7月30日観察でしたので、一週間程早いようです。アオサギ、ダイサギは数を増しています。アマサギは夏羽に移行し、婚姻色も確認できます。
  ホシハジロ(越夏個体) ♀1 目視 7月24日 10時 館林市下早川田町 竹内 寛 現地で出会った方に「ホシハジロがいる」と聞き、少し探したところ1羽だけ見ることが出来た。時期的に越夏している個体と思われた。 会員
  オオバン 親2
幼鳥4
雨模様のうえ繁茂した水草に遮られるなど観察条件は良くなかったが、オオバンの幼鳥が親鳥と一緒に採食する様子を確認できた。
  コサメビタキ幼鳥 1 目視 7月21日 AM 高崎市岩鼻町 関上 秀雄 親離れ個体です。採餌行動を見せてくれました。 会員
  ハヤブサ ♂1 目視 7月18日 PM 藤岡市 7月東部観察は初めてです。雨が止んだ午後、入念に羽繕いを行いました。
  ウミネコ 1 目視 7月18日 9時50分 利根川 前橋敷島町 
大渡橋北500m位)
石坂 中州でしばらくじっとしていました。 非会員
  ササゴイ 1 9時20分 利根川 前橋市岩神町  大渡橋南200m位 土手沿いの草むらから飛び出して石の上に飛び移りました。
  ツミ 4 目視 7月16日 11時 大泉町城の内公園内   加藤 治男 ツミもようやく巣立ちし、巣の周辺を移動し、親より餌を運んでもらっています。当日の確認では幼鳥3羽、成長一羽確認できました。♀は注意深くカラスの接近を警戒し、♂は餌探しに忙しいようです。当分は観察できそうです。 会員
  キジ ♀1 目視 7月13日 11時 多々良沼 周辺   加藤 治男 多々良沼周辺はキジが非常に多く観察されます。コロナの影響で、一時公園が閉鎖され、警戒心がやわらいだのでしょうか?、♂は多く見られますが、♀はなかなか姿を現しませんが、珍しく近くで観察できました。ツガイも多いと思いますが、まだ子ずれには会えません。 会員
  ノスリ幼鳥 1 目視 7月7日 7時 前橋市青柳町 野山 翔 野鳥観察は初心者で、掲示板で鳥の名前をお尋ねしたところノスリの幼鳥とのこと。 会員
  アオバズク 1 7月7日 21時 前橋市元総社町 清水 伸彦 こちらもまだ声を聞くことができました。 会員
  アオバズク 1 7月4日 20時 甘楽郡甘楽町福島 時期が遅いかなと思いましたが、声を聞くことができました。